障がい者施設の看護師は激務?

障がい者施設の看護師転職TOP >> FAQ >> 障がい者施設の看護師は激務?

障がい者施設の看護師は激務?

障がい者施設の看護師は病棟勤務など他の職場に比べて激務なのかどうか、就業環境に関する情報が入手しづらい面もあるだけに比較が難しい面もあります。ただひとつ間違いないのは体力的に非常に厳しい面があることです。

障がい者施設で働く看護師の業務の大半が入所者の介助作業です。障がいの影響で自立した生活がうまくできない入所者の日常生活をサポートする仕事です。この点では介護施設とも共通する面があるわけですが、入浴や就寝・起床、移動などに伴う介助作業は行ったことがない方には想像もつかないほど体力が必要となります。体力的な消耗が激しい分、同じ勤務時間でも病棟勤務の看護師に比べて負担が大きくなります。

また機能回復や自立支援のためのリハビリ・機能訓練を行っている施設ではそのサポートも担当します。思うように動かない体を支える仕事も体力的な負担が伴いますし、入所者を励ましたり、うまくリハビリが出来ずにイライラしている入所者からの八つ当たりを受けるなど精神的な負担もかかる仕事です。

精神的な負担という点では日常生活におけるストレスの蓄積も挙げておくべきでしょう。知的障がい者施設では入所者の振る舞いに対して腹を立ててしまうケースも出てきます。なんでもないようなことに対して怒られたり、理不尽な接し方をさせるといったケースも覚悟しなければなりません。仕事と割り切って接することができればよいのですが、毎日のようにそれが続くようだとどんどん心の奥で蓄積していって心身両面の負担とモチベーションの低下をもたらしてしまいます。

このように、障がい者施設で働く看護師は仕事内容そのものが激務といえる面があります。一方一般の看護師にとっての激務の源となる就業時間に関しては多少恵まれた環境にあります。夜勤の機会もありますが、規模の大きな総合病院や大学病院のように人手不足から無理なシフトが組まれることは少なく、比較的規則正しい就業時間で働くことが可能です。また急に容態が急変する、急患が運び込まれてくるといった医療機関ならではの事情もないため、残業や休日出勤も病棟勤務に比べると少ないレベルです。

ですから、障がい者施設で働く看護師が激務と感じるかどうかは仕事との適性によって違いが出てきます。辛い面があるのはもちろんですが、適性がありやりがいを感じられる方にとっては十分に続けられる職場となります。この点はシフトの都合でどう頑張っても続けられなくなってしまうケースも出てくる病棟勤務とは事情が異なるといえるでしょう。

障がい者施設の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 障がい者施設看護師求人ガイド All Rights Reserved.