障がい者施設の看護師のメリット・デメリットは?

障がい者施設の看護師転職TOP >> FAQ >> 障がい者施設の看護師のメリット・デメリットは?

障がい者施設の看護師のメリット・デメリットは?

障がい者施設は看護師の就職・転職先としてはかなり特殊な部類に入るため、とくに人によってメリット・デメリットが適性に大きな影響を及ぼす傾向が見られます。人によってはメリットが大きな魅力になる一方、別の人にはデメリットが決定的な問題になってしまうこともあるため、事前によく把握しておくことが大事です。

最大のメリットは未経験からでも採用のチャンスが大きい点です。しかも年齢不問の求人が多く、新卒はもちろん、40代、50代での転職も十分可能です。もともと医療行為はそれほど行わず、健康管理や介助といった業務がメインとなるため現場経験で身につけた専門的な知識・スキルや実践的なノウハウがあまり必要とされないのがその理由です。病棟勤務以外の職場へ転職したいという方、新しい職場で再スタートを切りたいといった方には魅力的なメリットとなるはすです。

それからケアを担当する入所者との間に個人的な信頼関係を築ける点も看護師としてのやりがいを感じられるという点で大きなメリットでしょう。障がい者施設では長期間にわたって入所するケースが多く、しかも日常的なケアを行う機会が多くなるのでひとりひとりとの関わりが深くなるのです。

あとは病棟勤務に比べてシフトが厳しくない点。これは介護・福祉施設全般に言えることですが、障がい者施設でも同様です。夜勤の機会こそありますが、病棟勤務ほど頻度も負担も多くないのが一般的です。

一方デメリットの中でももっとも大きいのが入所者との距離が近いというメリットと背中合わせにある入所者との信頼関係の構築です。やりがいを感じられるという点ではメリットなのですが、たとえばコミュニケーションが難しい知的障がい者との関わりや長期間入所している入所者の精神状態のケアなど難しい面も出てきます。回復の見込みがないことから精神的に扱いが難しい入所者もいるため、それがやりがいを通り越して負担や悩みをもたらしてしまうこともあります。

キャリアの不安も無視できないデメリットです。医療行為に携わる機会が少ないメリットは専門的な知識・スキルを身につける機会が少ないデメリットにもなります。将来的に医療機関への転職を考えた際に障がい者施設でのキャリアが評価されない可能性もあるのです。

このように、障がい者施設で働く看護師にはメリットとデメリットが背中合わせに存在している部分があるため、自分にとってどうか、の判断も重要なポイントとなってくるでしょう。

障がい者施設の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 障がい者施設看護師求人ガイド All Rights Reserved.