障がい者施設の看護師が辞めたいと思う時は?

障がい者施設の看護師転職TOP >> FAQ >> 障がい者施設の看護師が辞めたいと思う時は?

障がい者施設の看護師が辞めたいと思う時は?

障がい者施設で働く看護師には病院・クリニック勤務の看護師とは異なるさまざまな悩みもあります。仕事をしていて「もう辞めたい」「続けられない」と感じてしまうケースも少なくありません。しかもその理由は他の施設で働いている人にはイメージできないものも多く、就職・転職を検討している方はどのような理由があるのかあらかじめ確認しておく必要があります。

辞めたいと思う最大の理由が精神的な消耗です。障がい者施設の種類や患者さんの状態にもよりますが、看護師の仕事内容はもっぱら日常生活における介助となります。その分患者さんと近い環境で仕事をすることになるわけですが、うまくコミュニケーションがとれない、単純な介助作業ばかりでやりがいを失ってしまうといった精神面の悩みを抱えてしまうことも少なくありません。コミュニケーションがうまく取れないと苛立ちを覚えてしまうこともありますし、こちらの配慮や善意が通じないと徒労感を覚えることもあります。またまったく理不尽な理由で拒絶されたり、怒られるといったケースも見られます。こうした環境を毎日続けていく中で「自分はなにをやってるんだろう」と考え込んでしまうこともあるのです。

また先が見えない、達成感が得られないことから仕事に対して行き詰まりを感じてしまうこともよく見られます。病院では病気にしろ怪我にしろ治療とリハビリを通して状況が回復していきます。少しでも快適な環境で順調に回復してもらうために看護師は患者さんのケアや医療行為に携われるわけですし、患者さんが回復していく様子を見ることに喜びややりがいを見いだすことができます。しかし障がい者施設の場合はそういったことがなく、長期間入所している障がい者の方を相手にずっと同じ介助の仕事を続ける環境も少なくありません。先が見えず、患者さんともうまくコミュニケーションが取れない状況の中で仕事へのモチベーションを失っていってしまうわけです。

医療行為に携わる機会があまりない環境からキャリアに不安を感じて退職を考えるケースも多いようです。介助仕事がほとんどで看護師としてスキルアップ・キャリアアップできる作業に携われる機会がほとんどないことから「このままでいいのだろうか」と不安を覚えてしまうのです。このまま働き続けていると退職しても医療機関へ転職するのが難しくなってしまうのではないか、仕事へのモチベーションの低下とこの不安が重なることで焦りにも似た思いがこみ上げてくることもあります。

障がい者施設の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 障がい者施設看護師求人ガイド All Rights Reserved.