障がい者施設の看護師のやりがいは?

障がい者施設の看護師転職TOP >> FAQ >> 障がい者施設の看護師のやりがいは?

障がい者施設の看護師のやりがいは?

看護師が転職に成功するための秘訣はやりがいを感じられる職場を見つけられるかどうか、そのため障がい者施設への転職を目指す場合には待遇や就業時間といった環境面だけでなく、自分がやりがいを感じられる職場かどうかを見極めることが大事です。障がい者施設の情報はなかなか入手するのが難しいだけに転職活動におけるひとつのテーマといえます。

障がい者施設で働く看護師にとってもっともやりがいを感じられるのは「世の中に役に立っている」という自意識・満足感でしょう。障がい者の社会参加、就労支援といったテーマが社会全体で掲げられている一方、それに相応しい環境が整っているかと言われると疑問符をつけざるを得ません。この「誰かがやらなかければならない」ことを自分が担っている、という意識は大きなやりがいとモチベーションをもたらしてくれることでしょう。

それから利用者ひとりひとりとの距離が近く、密接な関わりの中で看護やサービスを行っていく環境も挙げられるでしょう。この点はデメリットと背中合わせで、思うようにコミュニケーションがとれずに悩んでしまうケースも少なくないのですが、だからこそうまく信頼関係を築くことができた時の喜びや達成感もひとしおです。頼られている、信頼されているという意識は頑張ろう、という強いモチベーションになります。利用者との関わりが長期間に及ぶ点も挙げておくべきでしょう。子供向けの障がい者施設なら施設の子供たちが成長していくのを見守る楽しみ、喜びも味わえます。

障がい者施設の中には機能訓練や就労支援を行っているところもあります。障がいを抱えた方が努力して克服し、社会の一員として生きていこうと頑張っているのを支えることができるのもこの職場で働く看護師の大きな喜びです。障がい者施設というと医療機関と違って回復の見込みがない利用者を対象とするのでやりがいが感じられないといった意見もありますが、決してそのようなことはなく、回復が難しい障がいを背負っているからこそそれを受け止めた上で生きていく、そんな利用者の生きがいを支える喜びもあるのです。

確かに、コミュニケーションが難しい、体力的にも負担がかかるといったマイナス面はありますが、それがそのままやりがいにも結びついているのが障がい者施設で働く看護師の特徴です。世間で言われているマイナスイメージが本当に自分にとってマイナスなのか、それともモチベーションの源になるような要素なのか、よく検討したうえで判断することが求められます。

障がい者施設の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 障がい者施設看護師求人ガイド All Rights Reserved.