障がい者施設の看護師の年収・給料相場は?

障がい者施設の看護師転職TOP >> FAQ >> 障がい者施設の看護師の年収・給料相場は?

障がい者施設の看護師の年収・給料相場は?

一般的な傾向として介護・福祉施設で働く看護師は病院に比べて年収・給料相場が低いといわれます。とくに介護の分野ではどの施設も経営状況の都合で人件費を抑制せざるを得ない環境になっており、基本給はもちろん、昇給の面でも病院勤務に比べると不利になるのです。この点は障がい者施設でも同じことが言えますが、一方で他の介護・福祉施設に比べて事情が異なる面もあります。

まず基本給に関しては転職したばかりの段階で18〜25万円程度のところが多く、やはり病院勤務に比べるとやや低めです。病院から障がい者施設への転職を目指す場合には大半のケースで年収ダウンを覚悟する必要が出てきます。障がい者施設で働く看護師は待遇や就業環境よりもやりがいを重視して職場を選ぶ必要があるといわれますが、この点は収入面でもいえるわけです。

また、入職後の昇給・昇進の面でも不利な面があります。未経験・新卒でも採用されやすい職場といわれる障がい者施設ですが、それは医療行為に携わる機会が少なく、健康管理や看護業務が多いからです。基本的な仕事が多いので未経験でも対応しやすいわけですが、その分仕事を通して専門的な知識とスキルを身につけていく機会が少なくなります。病院には放射線科やオペ室、がん治療、救急救命といった診療科のように働きながらキャリアアップを目指していける部署が多く、昇給・昇進の可能性が広がっています。それに対して障がい者施設ではそうしたチャンスそのものが限られているのです。キャリアの面でも主任や婦長、看護部長といった昇進ルートがある病院に対して障がい者施設ではルートがごく限られています。

ただ、このようなマイナス材料だけでなく、収入をアップさせる要素もいくつかあります。その筆頭が夜勤です。介護・福祉関連の施設は夜勤が少ないところが多く、それが就業環境面のメリットになるのに対し、夜勤手当が少なくなることから収入面ではデメリットとなっています。障がい者施設では看護師が夜勤を担当する機会も多く、基本給に加えて夜勤手当による収入が期待できるのです。

もうひとつ重要なのが危険手当です。精神科の病棟でも支給される手当ですが、障がい者施設では入居者から暴力や暴言を受ける危険性があるため、それに対してこの手当てが支給される場合があります。ただ支給されるかどうか、支給額がどの程度かは施設によって異なるので事前の確認が欠かせません。

大まかな年収水準では各種手当ても含めて320万〜400万円くらいとなるでしょうか。収入にプラスアルファ、働く魅力やメリットを見いだせるかどうかがポイントとなりそうです。

障がい者施設の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 障がい者施設看護師求人ガイド All Rights Reserved.