障がい者施設の看護師のよくある悩みは?

障がい者施設の看護師転職TOP >> FAQ >> 障がい者施設の看護師のよくある悩みは?

障がい者施設の看護師のよくある悩みは?

障がい者施設で働く看護師は就業環境・待遇の両面で悩みを抱えることが多いようです。医療機関から転職した場合には業務内容や障がい者と接する際の注意点、ルールといった環境面の変化に悩まされるケースが多いのですが、その後仕事に慣れていくにつれてまた違った悩みが出てくるのが大きな特徴です。

障がい者施設で働く看護師のほとんどが抱える悩みが入所者との信頼関係の構築と距離感です。障がい者とどう接したらよいのか、障がいについてどこまで踏み込んでいいのかといった問題は看護師に限らず難しい面ですが、障がい者施設で働く看護師は入所者と日ごろから深く接する機会が多くなるだけに戸惑う機会が多くなります。身の回りの世話をする場合に相手のプライドや尊厳を傷つけずに必要な業務を行う必要がありますし、知的障がい者の場合はうまくコミュニケーションをとることができないという悩みもあります。

さらに病院施設との大きな違いは回復を前提に入所しているわけではないこと。そのため入所者の中には悲観的になったり、障がいによって思うように自立した生活が送れなくなっていることに憤りや苛立ちを覚えているといった精神状態の問題を抱えているケースが少なくありません。そのため、日々接していく中でトラブルが生じてしまうこともでてくるのです。八つ当たりのような形で怒鳴られたり、嫌味を言われるといったことも多く、そうした人間の弱い一面を受け入れていく精神面の強さが求められる仕事でもあります。この点は看護師が我慢すればよいという問題ではなく、トラブルを改善するためにはどのように振るまえばよいかを考える必要もありますから、いろいろと悩むことが多くなるのです。

待遇面の悩みもよく見られます。病院に比べて給料が安いのがまずひとつ。この職場は給料よりもやりがいを求めている看護師に向いているといわれますが、病院で働く看護師よりも平均年収にして50〜100万円くらいは低い水準を覚悟しなければなりません。

それ以上に悩みの種となるのが将来のキャリアです。障がい者施設の看護師は医療行為を携わる機会は少なく、健康管理や介助といった日常的な業務がメインとなります。そのため仕事を通して専門的な知識・スキルを身につけていく機会が少なく、将来的に医療機関への転職を目指す場合に不利になってしまうのではないか、という不安を抱えやすくなります。こうした点からも本当にやりがいが感じられ、自分に適性があると確信できる方に向いた職場といえるでしょう。

障がい者施設の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 障がい者施設看護師求人ガイド All Rights Reserved.